酸素カプセルをリースするメリット

リースは年単位で借りることを指しますが、メリットには何があるのでしょうか。まず費用です。酸素カプセルはインターネットでも購入することが出来、その価格は50万円以下が主流になります。それに対しリース料金は、酸素カプセルの大きさや性能によって異なり、2~10万円と幅があります。

そのため高い料金を支払うのであれば、購入した方が良いのでは、と考えるかもしれませんが、高い料金である、ということはそれだけ高性能で大きなサイズである可能性が高いです。そのような酸素カプセルを購入するとなると50万円では無理で、数百万円かかる可能性があり、それを購入するのは現実的に難しく、リースという選択が合うかもしれません。次に最新の酸素カプセルを利用することが出来ます。リースでは1年や3年といった比較的短い期間で借りることで、更新の際に最新機種に変えることが出来ますし、業者によってはリース期間内でも最新機種に変更するオプションがある可能性があります。

そのため契約期間を決める前に、最新機種への変更がどのようになっているのかを確認しておくと良いでしょう。最後に故障やメンテナンス、廃棄の心配がないことです。メンテナンス費用が含まれた料金形態になっていることが多いため、数ヶ月や1年毎などのメンテナンスは業者が確認してくれますし、故障した場合の修理や交換も料金内に含まれていることも珍しくありません。また時期が来たら酸素カプセルは返品するため、廃棄の際の手続きもやる必要がありません。

利用後に必要になる諸経費の心配がない、ということは大きなメリットなのかもしれません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*