コピー機レンタルのメリットと注意点

オフィスや事務所を新しく構える場合に欠かせないのが、オフィス家具とコピー機だといわれています。特にコピー機はプリンター以外にもFAXやスキャンなど様々な場面で活用されていますし、ある程度の枚数を印刷する事務所であれば、これらの機能が全て備わっている複合機を導入する必要があります。ただし新品のコピー機を導入するとなるとかなりの出費となるので、初期費用が増えてしまうのを抑えたい場合や短期的な利用を目的としているならばコピー機のレンタル契約を行うようにしましょう。一般的にコピー機の導入はレンタルもしくはリースといった契約をする方法が一般的で、その中でもレンタル契約は一時的に機器を使用したい場合や、購入コストやイニシャルコストを抑えたい時、資産管理の手間を省きたい時に向いています。

一時的に使用したいという場合とは、仮事務所で一時的に機器を使用したい場合や、決算期だけもう一台増やして使用したい時などが挙げられます。リース契約は長期利用を目的としているので途中解約ができませんが、レンタル契約であれば1日から希望の期間を貸し出ししてもらえる上に中途解約も問題ありません。ただ注意点としてはリース契約よりも月額料金が高く設定されていることや、導入時の審査が不要な反面初期費用を支払う必要があります。こういった利用料金が高くついてしまう可能性が高いことといった、注意点をきちんと把握して契約をするようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*