リース会社指定場所までコピー機を搬送する手配

コピー機のリース契約をしてその期間が終わる日が来たら、機器本体は返却をする事になります。電話1本で引き取りに来てくれるわけではなく、いくつかの手段から選んでの搬送です。専門で荷物を運んでくれる搬送業者に問い合わせをして、依頼をする事も選べる方法になります。いくつもの搬送業者がありますが料金は一律ではないのは、あらゆる条件が関わることで金額には違いが生じるためです。

場所としてはどこまで運ぶのか、また建物にはエレベーターがあり使用できるのか、階段のみなのかなど状況によっても異なります。搬送先が県内エリアであれば、相場として考えておくといいのは2万円から3万円くらいです。それ以上の距離となる県外へ運ぶときには、業者にもよりますが倍の金額が発生をする事もあります。社用車などを所有する会社も多いため、社用車を使って自分たちで運んでも構いません。

専門で会社用に用意されている車にこだわる必要はなく、軽トラックなどを誰かから借りたり手配しての移動でも大丈夫です。リース会社より指定されたところまで本人たちによるコピー機の搬送になるため、時間とある程度の体力は必要になります。男性でも1人では運べないため、体力にも自信がある男性2名以上での作業が望ましいです。またリース契約が終了をしたコピー機を返却する際に、販売店に連絡して相談をする事もできます。

専門の運搬会社絵に依頼をする事をアナウンスされることはしばしばですが、中には臨機対応の感じの良いアンサーをくれることもあるため、問い合わせをするのも手です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*