コピー機のリースとは何ですか?

コピー機のリースとは、「一定期間契約を結んで専門会社からコピー機を借りる事」を意味します。レンタルコピー機との違いが分かり難いという声もあったりしますが、数か月~1年単位にてコピー機を購入しないで継続使用したいという様な時はリースであり、それ未満の数週間臨時で使いたい様な時はレンタル分類になると思って下さい。どっちが良いかは、その人の事情次第なので一概には言えませんが、レンタルの方は即日納品してもらえるという点でメリットがありますが、その代わり最新機種ではなく大概の場合は中古が提供されます。最近はIT機材の発展も著しいので、場合によってはダウンロードした内容を機械に移して何かしたいという様な時に反応してくれないという様な事も有り得ます。

対してリースサービスをお願いした場合は、最新機種が提供される事がほとんどなので、IT関連で機材の不一致トラブルが起きる事はまず無いです。会社次第な面もありますが、メンテナンス要員をトラブル時派遣してくれるサービスもあり、サポート面でも安心出来る面が多いのは見逃せません。ただし、最新機種を提供する以上は、会社はクライアントに機材を貸して良いのかどうかを審査します。当然、審査に落ちてしまうと貸してもらえませんし、審査期間は機材を納品してもらえませんので、急ぐ場合には困る可能性も否定出来ません。

他には保守点検代等も含めて、最終的に会社にとって最も妥当な線を考える事が重要というのも補足しておきます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*