中古市場で中古品を探すより賢いのはコピー機のリース

初期費用をぐっと抑えたいと考えたとき、真っ先に頭に思い浮かぶのはOA機器を中古で購入することです。けれども会社で使うなら割合的にも多いのはコピー機をリースするスタイル、どちらかお得かを考えてみると選択をしやすくなります。中古複合機は中古市場に山のように売られていて、費用面が新品よりかなり安いのは魅力に映るところです。モノクロ印刷で格安クラスになると、購入価格は50、000円から100、000円程度、搭載機能が限定されるのは安価なだけに仕方がありません。

その上の100、000円から200、000円くらいの機器になると、耐久性があり機能もなかなかの充実ぶりです。ではさらに上の200、000円から300、000円はというと、モノクロ中古機器の場合この価格帯での商品はほとんどありません。カラープリンターなら50、000円から100、000円の製品は旧世代のかなり古いモデル、あるいはセール品です。購入時の費用面で中古品は良さそうですが、オフィスで断然選ばれるのはリースでのコピー機導入になります。

新品ではないのが中古品であり、購入時は安いため良いものの劣化していたり、頻繁に不具合が起こる可能性があるためです。短期的に使うわけではなく、数年は快適にコピー機を使いたいと考えるのであればリースはそれに応えることができます。理由は何よりも中古ではなく新品を導入できるためであり、導入をする際にも一括で本体をする必要はありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*