長期利用に適したコピー機のリース

コピー機はオフィスにとってなくてはならない存在ですが、かといって新規に購入しようとすると膨大な費用がかかってしまうのが実態です。たしかにメーカーとの直接取引のほかにも家電量販店などのリーズナブルな価格をうたう企業からの購入などのチャンネルは広がってきてはいますが、それでも高性能な業務用となれば一台あたり数十万円以上というのが相場です。ましてフロアが広くコピー機を何台も導入しなければならない場合には、一度に支払うことになる持ち出し額があまりにも大きく、経営上もしばしば問題になってくることがあります。このような場合に利用したいのがコピー機のリースです。

通常は依頼主のほうでカタログからメーカーや製品の型番などを自由に指定することができ、しかも使用感は購入したときとほとんど変わりがありませんので、これほどメリットの大きなしくみはありません。購入であれば一度に支出を余儀なくされますが、リースの場合は固定されたリース料金を毎月支払うだけでよいため、将来の支出の見通しも立てやすくなります。リースといえば最大のメリットはその料金の安さですが、通常は減価償却の期間などを勘案して5年程度の長期にわたって使用することを確約させられるため、短期利用のレンタルなどと違って料金的なインセンティブがはたらいています。また紙詰まりの除去や故障の際の修理などのメンテナンスについても、本体とあわせて包括契約を結ぶことによって、低廉な料金でメンテナンス作業が受け放題になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*