リース契約のコピー機でインク切れをした際の対処

リース契約をしてオフィスにコピー機を導入したあと、使い続けるうちにやがてやってくるのがトナー交換です。消耗品ですからいつかはインク切れになる日がやってきますが、その際のインク代金はどうなるかは最初に知っておくと安心できます。家電量販店に行けば家庭用のコンパクトなOA機器は多種類販売していますし、もしインクが少なくなったら家電店でもネット通販でも購入できますが、業務用になると近所のお店で取り扱いが無いことは考えられることです。業務用コピー機をリースしてからのインク代に関して、毎回自分たちで取扱店を探して買いに行く手間は基本的にはありません。

切れたと思ったら経費を使い自分たちで手配をするするわけではなく、だからといって契約した会社にその都度お金を払ってセットしてもらうわけでもないです。大きく分けると2つの柱となる契約形態で成り立つのがこうした契約のコピー機であり、カウンター保守料金とリース料金があります。定期的に両方の請求された金額を、満期を迎えるまで支払い使うのがスタンダードです。毎月きちんと支払いをする事で、不具合を発生した際に部品が必要な際には交換ができますし、修理にも対応をしてくれます。

カウンター保守契約をしていることから、コピー機のトナー交換はリース会社の方で行ってくれますし、その度にインク代を支払う必要はありません。理由はすでにインク代となるトナー料金は、保守契約の料金に既に含まれているからです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*