コピー機のリース利用時の保守契約内容を把握する

コピー機をよりコストを抑えて利用する方法として、リースでの利用が有効的な方法の1つです。特に長期的な利用を検討しているのであれば、月の定期的な使用料を支払う事で利用する事が出来ます。ただしリースでの契約の内容には保守契約があり、複数の種類と合わせて契約内容にも違いがあります。そのためコピー機の種類や利用する契約期間だけでなく、しっかり契約内容も把握したうえで選ぶ事がポイントです。

コピー機リースの契約の際に、一般的に多く選ばれる内容となるのがカウンター契約になります。1枚の印刷に対する単価がきめられているタイプであり、印刷した枚数に合わせて月々の支払いが発生するタイプです。次にスポット保守契約タイプがあり、これは使用料はトナーなどの消耗品の費用のみを支払うタイプとなります。印刷する枚数に単価や制限などもありませんが、修理が必要になった場合は全て自己負担となるのが特徴です。

最後にキット保守契約タイプがあり、機器の保守だけでなくメンテナンス付きのトナーの料金を支払うタイプになります。毎月の印刷枚数などが少ない企業であれば、よりリース料金を抑えた利用ができる契約内容です。このように保守契約にも種類があり、それぞれの特徴やポイントには違いがあります。その点をしっかり把握したうえでどのような契約の種類を選ぶのかがポイントとなります。

1ヵ月のコピー機の頻度などを明確にしたうえで、より有効的な契約を選ぶ事が重要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*