コピー機のリース契約はメリットが多い

多くの企業ではペーパーレスを推進しているというところも増えてきていますが、まだまだビジネスの場で欠かせないといわれているのがコピー機です。コピー機を使用して紙に印刷を行うなど文字情報はビジネス上必要とされ、複合的な機能性が搭載されている機種が多くの企業で導入されるようになっています。これから社用として導入を検討している企業では、機器を直接購入する方法以外にレンタル契約かリース契約を行う方法があります。その中でも特にメリットが多いといわれているのがリース契約で、事業者が物件を購入し他の企業にその物件を貸与するサービスとなります。

この契約を結ぶ場合契約期間を通じてリース料金を支払うことになりますが、コピー機などオフィスに導入する設備は購入しようとすると大きな費用が発生するため、リース契約すれば製品を購入する際に発生する費用負担を減らすことが出来るメリットがあります。そのためまとまった資金がない事業者でも、ビジネスに必要なOA機器を導入することが出来るとして多くの企業でこの契約方法が普及しています。このようにリース契約は月額が固定になっているため、ランニングコストを把握しやすいことや、初期費用がかからないこと、所有権がないため減価償却や固定資産税が発生しないといった様々なメリットがあります。レンタル契約よりも長期間の契約となるため、その分月額換算した場合の費用が安くなります。

長期間の利用を目的としているならこの契約内容は非常にお得です。コピー機のリースのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*