一戸建て住宅は土地の状況だけではなくアクセスの良さなどの周辺環境も大切ですが、環境に関しては各家庭によって異なりますので慎重に選択する必要があります。土地は移動させることができませんので、購入すれば一生住み続けることになります。古くからある地域では人間関係に悩まされることもありますし、周辺環境は日中と夜間でも変わります。もちろん平日と休日でも変わりますので、何度も足を運んで情報を入手しておくことが大切です。

新しく宅地開発された分譲地は全ての人が新しく入居してくる訳ですから、人間関係に悩まされることが少ないと言えます。また一戸建てを購入する人は比較的若い年齢が多いため、人間関係を良好に保つことが可能です。分譲地には郊外にあるものほど良好な環境がありますが、将来的な開発計画も調べておくことが大切です。開発により周辺環境が一変するほど大きな変化が起こる可能性もありますが、逆に利便性が向上することで地価が高くなるメリットもあります。

土地が普遍的に価値を保ちますので、一戸建て住宅の最大のメリットになります。住宅は古くなれば価値を失いますが、土地は価格を下げる重大なことが起こらなければ価値を維持できますので、売却できることもメリットになります。色々な希望条件があるのが一戸建て住宅ですが、建物に関しては土地の形状や資金面から限られてくる場合があります。土地や周辺環境は違う価値を持ちますので、十分に吟味してから契約することが大切です。