一戸建て住宅の場合では、屋根として設定されている部分に関しても、一般的な集合住宅とは異なって、その全てが自己所有の部分とされています。屋根に関しては一戸建て住宅の中でも特に重要な部分になり、定期的にメンテナンスを施すことが大切になります。長期間にわたって使用している屋根の場合では、後に劣化してしまうことが多く、放置をしてしまうことによって雨漏りなどが発生してしまうケースが見られます。雨漏りに関しては、例えばトタンなどの金属製の屋根の場合では、穴や継ぎ目部分の状態によって目視で直ぐに判断できる場合がありますが、その他の屋根や状態次第ではプロの専門家によって調査を行ってもらう方法が良い行動になります。

例えば特殊な溶剤を利用して雨漏りのテストを行う方法なども用意されていて、素人では見つけることのできないような雨漏りの箇所を特定することを可能としています。通常の一戸建て住宅の屋根に関しては、定期的に塗料の塗り替えを行う方法があります。特に金属製の屋根の場合では、長い期間を利用していることによって、塗装がはげてしまうことがあります。塗装に関しては、小さな隙間などに関しては埋めることも可能とされており、できるだけ高品質な塗料を選ぶことも良い方法になります。

また、外壁との隙間部分や、張り合わせの部分に関しては、一般的にはシーリング工事が行われていることになります。シーリングは劣化をしてしまう部分になるために、塗装と同じように定期的に施工し直すことが良い方法です。栃木のモデルハウスのことならこちら